一度は行ってみたいとっておきの名所を訪ねる旅

あちらこちらへ放浪の旅に出かけ、面白いところや気に入ったスポットを紹介します。

埼玉県長瀞でスリル満点の川下り

スリル満点!気分爽快!長瀞ライン下りが面白い。

 長瀞ライン下りにチャレンジしてみた。コースの途中には所々に激流があり、スリルを味わえる。

 船頭さんの操船のアクションやトークも面白い。

そして、荒川の自然を存分に満喫できる。

 水量の多い時は水しぶきを浴びることがあるので、覚悟が必要。

 

コース


長瀞ライン下り(他にも川下りを行っている会社がいくつかある)には3つのコースがある。

A 親鼻くだり 親鼻橋→約3km・約20分→岩畳(長瀞駅のそば)。

B 高砂くだり 岩畳→約3km・約20分→高砂橋。

全 岩畳満喫くだり 親鼻橋→約6km・約40分→高砂橋。

 

料金


A・B おとな1,600円 こども800円。 
 全  おとな3,000円 子供1400円。


 長瀞駅から徒歩1分のところに、長瀞ライン下り案内所(本部)がある。

そこで乗船券の購入ができる。

ここから親鼻橋の乗船場までの無料送迎バスが出ている。

また、高砂橋で下船した後はやはり無料送迎バスで本部まで送ってくれる。

 ☎長瀞ライン下り案内所(本部)   0494-66-0950 
         【電話予約】   0494-66-0940 

営業期間 3月上旬~12月上旬。

営業時間 9:00~16:00頃。

運航時刻 5~20分間隔(随時運航)。


 秩父鉄道長瀞へ。

f:id:hokutosei49:20140629001159j:plain


 長瀞駅に到着。

f:id:hokutosei49:20140629001233j:plain


 長瀞ライン下り案内所。駅から徒歩1分。

f:id:hokutosei49:20140629001256j:plain


 全 岩畳満喫くだりコースを選択。無料送迎バスで親鼻橋の乗船場へ。

f:id:hokutosei49:20140629001321j:plain


いよいよ乗船。ワクワク、ドキドキ。

f:id:hokutosei49:20140629001343j:plain


 舟に備え付けのライフジャケットを着用。

f:id:hokutosei49:20140629001401j:plain


 秩父鉄道の橋の下をくぐる。船頭さんのトークも面白い。

f:id:hokutosei49:20140629001427j:plain


 所々に激流がありスリルを味わえる。

f:id:hokutosei49:20140629001449j:plain


 両岸の眺めがよく、自然を満喫できる。

f:id:hokutosei49:20140629001512j:plain


 急流では水しぶきを浴びることも。水量の多い時は大量の水を浴びることもあるので、携帯電話やカメラが濡れないように注意が必要。

f:id:hokutosei49:20140629001532j:plain


 最後に岩と岩の間を通り抜ける難関がある。船頭さんの達人技で通り抜ける。

f:id:hokutosei49:20140629001613j:plain


 舟を降りたら、高砂橋から無料送迎バスで本部まで送ってくれる。長瀞駅前から荒川の岩畳へ降りる道には食事処や土産物屋が並んでいる。

f:id:hokutosei49:20140629001652j:plain


 荒川沿いに幅80m、長さ500mにわたって岩石が露出している。畳を一面に敷き詰めたように見えることから岩畳と呼ばれている。地殻変動や川の浸食によってできた自然の造形美。

f:id:hokutosei49:20140629001719j:plain


 岩畳から見た荒川。

f:id:hokutosei49:20140629001741j:plain


 長瀞駅の近くの店で昼食。

f:id:hokutosei49:20140629001807j:plain

f:id:hokutosei49:20140629001841j:plain


 鮎の塩焼き。このあたりには川魚を食べられる店がいくつかある。

f:id:hokutosei49:20140629001906j:plain

 梅雨の時期だったので水量がとても多く大量の水を浴びたが、スリルと爽快感を存分に味わえた。

 川の上は涼しくて気持ちいい。

 

旅行の救世主、大容量でショッピングも安心

旅行先で荷物が増えて、トランクに入らない!そんな時に便利なフォールディングバッグ。

・正方形のカタチをしたポーチを開けると、タップリ入る43L容量のボストンバッグに早変わり。

・ダウンコートや薄手のカットソーなど季節に合わせて、持ち手の長さが調節できる上、幅広タイプなので肩の負担を軽減してくれる。

・側面部分にスーツケースのハンドルが通せるようになっているから、上に重ねて移動も楽チン。

 

 あわせて読みたい記事

日本三大名瀑、茨城県大子町の「袋田の滝」とはどのような滝か? - 一度は行ってみたいとっておきの名所を訪ねる旅

 

 

岩手・猊鼻渓の舟下り - 一度は行ってみたいとっておきの名所を訪ねる旅

 

 

埼玉県内で唯一「日本の滝百選」に選ばれている「丸神の滝」ってどこにあるの? - 一度は行ってみたいとっておきの名所を訪ねる旅

 

 

山梨・西沢渓谷の見事な渓谷美 - 一度は行ってみたいとっておきの名所を訪ねる旅

 

広告を非表示にする